2019年10月

防災・災害復旧工事

日は、昨年7月の豪雨災害の防災・災害復旧工事の変遷をご覧下さい。

1年懸かりの大状況を報告します。

昨年7月6日の豪雨にて山肌が崩壊・地滑りして、県道を土砂・樹木にて塞ぎました。

早速、地元の林業事業者さんや土木事業者さんが撤去し通行は可能となりましたが、

府中市の中心部に出るにはあちら・こちらが県道が崩壊・ふさがれて通れなくなりました。

この場所は、災害が有る前2年前から計画中で、2ヶ月余りの期間に着工となりました。

まずは、工事中に一般車両等の危険・危害が及ばないようにと区画工事から始まりました。

 

山肌のえぐれている部分が、この度崩れた部分です。

2年前からは、このような事業計画が進んでいました所での豪雨災害で、一早くの着手工事となりました。

100メートルに及ぶ片側通行の鉄索防御柵から始まりました。

その後は、山肌に生えてる樹木を地元林業事業者さんによって伐採・撤去作業です。

急傾斜面の伐採作業に難工事です。

 

 

その後は、急傾斜面に重機が上部の樹木にワイヤーを掛けて上り下りの掘削作業は圧巻です。

見ているこちらが手に汗握るような作業に、川をはさんで近隣の人からしばし立ち止まっての見物です。

 

 

建築もさることながら、土木工事も特殊作業となると誰しもが出来工事ではありません。

災害・復旧工事と言っても、最近の豪雨災害では、河川の崩壊・決壊・山津波・または町全体の浸水被害と

多種多様な被害が続出。

いままで生きてきて初めての事とか、過去に例を見ないとか、予想を上回る災害・被害とか地震・津波を

問われてきてましたが、地球温暖化に伴ってこれからは、豪雨災害一日で、半日で1ケ月分の雨量を上回る雨の

降りよう、ダム下流域への緊急放流?と言ったTV報道が一般的になってきた今日。

家づくりにたづさわる我々にとって今迄は、地震対策で免震・耐震と言った取り組みをしてきましたが、今後の

家づくりは、地盤の嵩上げや土砂災害警戒区域内の検討に、建築地のハザードマップとにらみ合わせて、

検討・対策を講じて行かなくてはなりません。

デザイナーズハウスとかで、日本の気候風土にはそぐわない家づくりが、建築屋のエゴで、商売人のエゴで、

建ち並んでいますが、家づくりを検討されている方には、商売人の建築やさんにはまどわされないように切に言いたいです。

いい人に見えて建築やさんは、商売ありきで見てくれ・売れればいい家づくりがどんどん建ち並んでいますので、家づくりを

考えて居る方は、しっかり家づくりの勉強をされて、進めて下さい。

平屋建ての家づくりが、昨今注目もされていますが、この度の豪雨被害では、避難場所にたどり着けない場合は、2階建ての

お家だと、水平避難でなく垂直避難の大事さがここに来て重要視されています。

山を背負う、川に面しているお家の方は、そこから遠くの2階に避難することが、原則とされています。

呉々も人事と思わず、我が身として避難経路の確認、シュミレーションを講じて見なくてはなりませんね。

続きの工事状況は後日に報告致します。

 

日々穏やかで、平穏で有ります様にと祈るばかりです。

 

 

 

 

 

福山新築・建前

本日は、福山市にて新築・建前の状況を報告致します。

自由設計・注文住宅・塗り壁のこだわりの家づくりが姿を現します。

前日に柱建て行い無事に本日の建前の日を迎える事ができました。

やはり、建前の日は天気が一番

日本全国、今日ではどこでも豪雨・ゲリ豪雨・台風・竜巻と言った異常気象・現象があちら・こちらで

台風19号で大きな被害が出て、亡くなられた方々から、被災された方々には

言葉が見つかりません。(お悔やみ申し上げます)

TV報道での各地の状況を見るに、明日は我が身か?と不安が募ります。

福山市にての新築・建前状況を写真にて報告致します。

8時と共に作業の開始となります。(始業前にはミーティングをしてラジオ体操にて身体をほぐして)

 

2階フロアーが見えて来ました。

屋根に取りかかりました。(棟木の取り付け状況です)

「まほうびんのような家」の70%を作用する工程です。

 

本日の新築建前作業の終了が見えて来ました。

無事に何事も無く予定の作業が終了したことに感謝です。

棟梁はじめ大工さんの頑張りに感謝です。

お施主様には、本日は大変おめでとうございます。

これよりは、日に日に作業工程が変わって来ますので、その都度・都度打ち合わせ確認を

させて頂きながら、オンリーワンの家づくりが見えて来ます。

一棟入魂の精神で今後の作業の取り組みをさせて頂きます。

今後共よろしくお願い致します。

 

 

福山市・新築

只今、福山市にて新築中の工事進捗状況を報告致します。

基礎工事までは、報告してますので、その後の報告です。

基礎工事が完了すると、次は建前の準備に入ります。

土台セットから1階の構造用合板を敷き詰めて、いよいよ建前の日を迎えます。

イケダホームでは、基礎断熱工法を採用していますので、大工さんが入る前作業として、

天気とも照らし合わせての作業となります。

外周周りは、気密パッキン材にて、内部間仕切り基礎には通気パッキン材にての施工です。

この作業の後は、柱とか構造用の材料を1階の床材の上に取り込みます。

前準備が出来た時点で後は、建前の日を待つばかりで天気に左右されます。

建前当日は、雨模様だった為に建前は中止。

当日は上棟吉日だったために、この日は柱を一本建てて、柱建てとしました。

本日は、おめでとうございます。

自然には勝てません。

乾燥材を使用している為に、濡らすのは駄目で雨模様の予報が出てたら、直近に中止とします。

一番悩ましい時期でも有ります。

大工さん・レッカーさんの都合とお施主様の都合で日にちを合わせて建前の日取りとなります。

次回は建前当日の様子を報告致します。

 

 

 

即位礼正殿の儀

本日は、お日柄もよろしく、またこちら福山は晴天に恵まれて、少し汗ばむ位の

穏やかで素晴らしい天気にゆっくりとした日が過ぎようとしています。

本日、令和天皇陛下が即位につかれ華々しい門出となりました。

今朝程は、赤坂御所近くの首都高にて、トレイラーの火災事故があり

テロかと心配された朝を迎えましたが、何事も無く本日の予定・行事が

滞りなく執り行われていることに、国民の皆さんが安堵しているところではないでしょうか。

先の上皇様が即位された時は、昭和天皇が崩御された後だけに、国をあげての

祝賀ムードでは無かったように思いますが、この度はひと味もふた味も違った即位式かと

思われます。

安倍総理ばりの天皇陛下万歳・ばんざい・万歳と言ったところです。

この度の台風19号にて被災・亡くなられた方々にはお悔やみ申し上げます。

令和という時代が穏やかで、皆さんが健康で笑顔が絶えない時代で有ります様に

また、経済全体が好景気で皆さんが笑顔になれる時代、建築業界では、少子化を懸念する声が多いですが、

少しでも建築を通じて皆さんが、笑顔になれるよう精進したいと思います。

 

  

 

秋祭り

朝晩はめっきり寒くなりましたが、皆さんはお変わり有りませんか?

TV報道では、この度の台風19号の被害の甚大さにただただ唖然とするばかりです。

被害に遭われ亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

早くから大型台風で、身の危険を伺わす報道が流れては居ましたが、まさかまさかの

大惨事。

広域に被害・雨による大洪水、河川の氾濫による広域の浸水被害。

昨年の岡山県真備町の被害があちらこちらで・・・

今後は、このような被害はどこで起こってもおかしくないと言うか、地球温暖化による

ゲリラ豪雨や大型台風による被害、竜巻被害と過去に無い様な被害が当たり前。

今迄は良かった𠂢、今後は通用しない時代に差し掛かっているのではないか?

一人一人が各地で起こりうる被害情報を自分の事ととらえて、準備・認識・備えをする必要が

有ると思われます。

 

 

 

そんな被害状況の中、13日(日曜日)に我が町内の秋祭りが執り行こなわれました。

12日の前夜祭には、神楽の奉納があり、例年に無く暖かくて大勢の参詣者で賑わいましたよ。

トイレ・洗面所のリフォーム

今回のリフォーム工事は、25年ほど前のトイレと洗面所をリフォーム?

と言っても衛生器具のみの交換で、後はDIYにて当家にて模様替え

間取りも床も壁も替えることなく、便器・洗面化粧台のみを交換してのリフォームです。

25年もすると当時は便器も一体型のしっかりした物でしたが、ウオシュレットが使えなくなったとかで、

この度交換。

     

洗面化粧台も温水器付のまだ、まだ見た目には大丈夫な物に見えましたが、水漏れで収納箱内部が

傷んでいるとかで、こちらも交換となりました。

 

もう一つは1階の脱衣所にある洗面化粧台も交換。

時代とでも言いましょうか?こちらは、30年余りの物で時代を感じます。

なかなか掃除・お手入れが出来なくて見栄えがしませんが、長らくにはガタも来ています。

1階と2階の工事の時間差を置いての取り替え交換となりました。

 

後は、当家にて床の張り替え壁のペンキ塗りと今では、ホームセンターに行くと有りとあらゆる物が

揃っていますので、自分でやる気になれば、少々のことは出来上がります。

仕上がりの善し悪しは別として、自己満足の世界に浸れます。

業者に頼むと良くて当たり前が、自分でやった物には仕上がりは望めません。

専門業者とDIYとの違いは、費用はそっとで出来ますし、仕上がりは望めません。(妥協有るのみ)

後々に不具合が出やすくなっても、追求できません。

専門業者の場合は、使う材料・道具と各々が持つ知識・技量に責任

プロとしての仕事に対する責任が一番の違いで有ろうかと思われます。

・・・・にしても、キレイになることは誰しもがほほえましいことだと今回の工事を通じて思いました。

金額面にしてかゆい所に手が届くのは、うれしいことです。

皆さんが笑顔になれた瞬間でした。

感謝・感謝

 

 

 

福山市・府中市、新築・リフォーム・リノベーション 2019年10月 (融資金利)

福山市・府中市、新築・リフォーム・リノベーション 2019年10月の融資金利 (9割以下)

15年以上20年以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.810%

21年以上35年以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.120%

フラット35S仕様の家づくりをすると、当初の金利から今月だと上記の金利の通り、0.250%が引き下げられます。

金利引き下げ期間Aプラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当初10年間 引き下げ期間終了後1.060%となります。

金利引き下げ期間Bプラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当初10年間 引き下げ期間終了後1.320%となります。

上記の二プランが有ります。         (この金利には団心特約料金が上乗せとなって居ます) 

先月の金利からするとごく僅かですが動きがありますが、消費税増税後の今後が気になるところです。

中古住宅を購入して福山市・府中市でリフォーム・リノベーション工事をお考えの方にも、

新築同様の融資金利がご利用になれますので、詳しくは福山イケダホームまでお気軽にお問い合わせ下さい。

車でかけってるとあちらこちらで、彼岸花が色鮮やかに咲きほこっていましたので、カシャカシャと

消費税増税10%と言われて、とうとうその日がやってきました。

2%増税で皆様は何か安い内に何か購入をされましたか?

住宅業界は前回の5%のt時のような駆け込みは、無かったように言われて居ます。

皆さんが住宅業界の事情なり、情報をしっかり取り入れられる様になって、賢くなられたと言う事でしょう。

住宅展示場の営業マンの口車には耳を傾けなくなったと言う事でしょう。

住まいの給付金から減税措置等が有りますので、賢く・また上手に国策を利用されることを願います。

キャンプ場から女児が行方不明になって10日近く経ちますが、無事に家族の元に返ってくることを願うばかりです。

今日一日が穏やかでいい一日でありますように・・・・

感謝・感謝です。