イケダホームの施工ブログ

外壁塗り壁工事(1)

本日は、福山市駅家町にて新築中の外壁塗り壁下地の報告をします。

イケダホームが推奨する自然素材100%のシラスそとん壁塗りをこちらのお宅でもご採用。

外壁の仕上げ材では、皆さんがよく見かけるのが、サイディングと言った乾式工法の壁材です。

なぜよく見かけるかと言ったら理由が有ります。

*工期がはやい・・・(時期や気候に大きく関係しない)

*色・柄が豊富でお洒落(デザイン性がいい)

*特殊な技術を要しない(熟練工)

*みんなが使って居るから(当たり前)

*職人不足(左官工に比べて)

*問題が出にくい(ココが一番の使用される理由です)

*責任転嫁が出来る(施工者・建材屋の責任施工)

*などなど・・・・いっぱい有ります。

イケダホームが扱う自然素材100%の火山灰シラス

この福山の地で「シラスでつくる家」を唱って15年

福山の地で火山灰シラス折り込み広告から野立て看板また、HPで唱いながら15年が経ちました。

一棟・一棟コツコツと・・・・

お施主様のご要望を伺いながら、火山灰シラス「シラスでつくる家」を造ってきました。

この度の、福山市駅家町のお家にも火山灰シラス塗りの仕上げにて、外壁の下地は昔ながらの通気工法にて、

その上にサイディングなら直張りをするところ、塗り壁ならここからが手間仕事。

まずは、下見板(ラス板)を打ち付けます。(下の写真の様に)

その上に透湿・防水シートを全面に張りめぐらしてから、特殊な金網(ウエブラス網)を10センチピッチにて縦横留めて

いきます。(壁面全体を10センチピッチで縦横・・・気の遠くなる仕事です)

 

ここから、窓周りの四隅やひび割れの起こりやすい箇所に補強用の増し張り網張りを施してから、ここからが塗り壁の

工事に差し掛かります。(一般のサイディング張りではココの工程でほぼ完了です)

外壁から軒裏まで「シラスそとん壁」を塗り込んで行きます。(手間暇が掛かるのがお解りかと思います)

当然コスト面でも手間暇掛かった分だけは、上がって来ますがご理解を頂けると思います。

自然素材100%・健康住宅・塗り壁のことなら福山イケダホームまでお気軽にお問い合わせ下さい。

只今進捗中のお家にもご案内致します。

ここからは、また報告致します。