イケダホームの施工ブログ

「まほうびんのような家」って何? 遮熱性が高い住宅のメリットを知ろう!

 

 

 

家の建築を考えて情報検索をしていると、「まほうびんのような家」という言葉が出てくることがあると思います。

「何それ?」と思う人も多いでしょうから、このコラムでは「まほうびんのような家」がどんな家なのかを追求してみたいと思います。

住宅建築を考えている人には参考になりますので、ぜひ最後までお読みください。

まほうびんのような家とは?

ここでは「まほうびんのような家」がなぜそんな呼び方がされるのかを解説していきましょう。

まほうびんのような家は、夏涼しくて冬は暖かい!

最初に「まほうびんのような家」の特徴を解説しましょう。

「まほうびん」というと熱いお湯が冷めないというイメージを持たれるかもしれませんが、

まほうびんのような家は「暖かさ」だけに特化した家ではありません。

まず、まほうびんのような家は、夏は涼しくて冬暖かい家と理解してください。また、リビングなどの特定の場所だけが快適性が高いのではなく、

家全体の温度差が少ないので、廊下や洗面所が激しく暑かったり寒かったりしないというメリットもあります。

家全体の快適性が高いので省エネルギーにも繋がります。

なぜそんなことができるのか、それについて次の項目で解説しましょう。

宇宙産業がまほうびんのような家を実現させた

まほうびんのような家は、高純度のアルミ材(遮熱材)という材料を使うことによって実現することができます。

アルミの反射材は別名で言うと「遮熱材」と呼ばれるもので、太陽の熱などを99%反射して建物の中に吸収しません。

一方、反射材を使用していない住宅では一般的な断熱材を使っていますが、この断熱材はなんと90%も外の熱を吸収してしまうのです。

また、断熱材以外に住宅に使われている材料で考えると、熱を吸収する率はガラスなら95%、スレートは90~92%、

木材は90~98%となっており、ほとんどの建材は熱をそのまま通過させてしまっていることが分かります。

つまり、ほとんどの材料は、夏は外部の暑さを90%程度取り込んでいるし、冬は内部の暖かさを90%外に放出しているということです。

アルミの反射材は宇宙服や宇宙船の反射材として開発されました。

地球上では空気の層があるので太陽熱がダイレクトに家や人間に届くことはありません。

しかし宇宙空間では空気が無いので、激しい温度差にさらされることがあります。そこでの活動を行うために作られたのがアルミの反射材です。

繰り返しますがイケダホームが使っている材料は熱反射率99%ですから、灼熱の環境や極寒の状況でも宇宙服内の人間を守ってくれるのです。

アルミの反射材は極薄素材

前の項目で書いたように高い遮熱性を持っていますが、なんと厚さが数ミリしかありません。そのため住宅の外装に貼り付けることが可能です。

例えば日が照っている6月に何もしていない状況で40℃あった屋根裏の表面温度が、アルミの反射材を貼り付けた後は27℃になったというデータもあります。

まほうびんのような家は、この性能を利用することで、家全体を夏の暑さや冬の寒さから守ってくれるのです。

まほうびんのような家のメリット

まほうびんのような家のメリットをもう一度整理しましょう。まほうびんのような家はアルミの遮熱材を貼り付けることで、非常に高い遮熱効果を発揮します。

これによって得られるメリットには以下のようなものがあります。

家の中全体の温度差が少ないのでヒートショックがおきにくい

ヒートショックとは急激な温度差によっておこる体調不良のことです。暖かい部屋から寒いトイレやお風呂に行くときにおこるヒートショックで、

年間に1万4000人ほどの人が命を落としているというデータもあります。

まほうびんのような家は屋内の温度が比較的一定なので、ヒートショックのリスクを低減することができます。

現在では、予防医学が特に取り入れられておりますが、イケダホームの家づくりはまさに「健康住宅」とも言えます。

省エネルギー

夏の暑さや冬の寒さなど外気温や熱の影響を受けにくいので、冷暖房費が節約できます。

壁の結露が起きにくいので衛生的

寒い時期などに室内外の温度差で起こる結露が、まほうびんのような家では起きにくくなります。

そのため、カビやダニの発生リスクが少なく、衛生的に過ごすことができます。

まとめ

まほうびんのような家のメリットや仕組みについてまとめました。

有限会社イケダホームは、広島県福山市で住宅建築を行っています。

当社は快適性が高く、ヒトと財布と地球にやさしいまほうびんのような家」を取り扱っています

健康的に省エネ、節約したい方はぜひお気軽にご相談ください。

また、当社は「住むほどに健康になる家」というコンセプトも掲げています。「音響熟成木材」という丈夫で快適性が高い木材や、

室内を快適にする「幻の漆喰」、有害な化学物質を吸収して無害化する「清活畳」などの素材を積極的に導入して、

お客様に快適で健康な暮らしを提供します。

他にも耐震性の高さを求める取り組みなども行っていますし、リフォーム、リノベーションなどの相談にも喜んで応じています。

住まいのことなら、何でもお気軽にイケダホームにお任せください。