イケダホームの施工ブログ

大規模リノベーション工事進捗(府中市)

6月に入り、まもなく梅雨入りを迎える季節となりましたが、それにしても暑いですね

この時期で、この暑さ、天気の良い日が続くのは有り難いのですが、この調子で、真夏を迎えるのは、なんだか恐ろしい気がします

それでも、日の暮れるのが遅い(夕方7時頃でも)ので、なんだか色々な事ができそうで、得した気がします

現場の方は、天気の様子を気にしながら、屋根の解体、造作工事が進んで居ます。

新しくキッチンになる部分は、旧母屋と離れが合体した部分なので、天井高さが確保出来ないので一部を解体です

またユニットバスを設置する部分に有る桁材は補強を加えた後、カットしました。(カットした破材と言っても100Kg程の重量になります)

梅雨の季節で、雨降りの日が続く事も想定して、上部には仮屋根を設置して有るので、作業を中断する事は無いので新しい屋根工事が順調に進んで居ます。

2階に上がる階段も、無事設置され、昇降がスムーズに出来る様になりました。

一応階段は設置されましたが、収納、スリット等、まだまだ色々な造作工事がこれから進んで行きますので、また報告させて頂きます

<おまけ>

ツバメが巣づくりをする季節になりましたが、人間以外でも、リユースをしている姿を見る事ができました!?

離れの軒下には巨大で既に、空き家となっていたこんな物が有ります。

スズメ蜂の巣なのですが、普通で有れば、何かに使用される事は有りませんが、これに目を付けた新しい住人が居ました

最初に目を付け出入りをしていたのは、ツバメの夫妻。

しかしいつしか現在の住人はスズメの夫妻に変わってしまいました。

働き者のツバメにとっては、居心地が悪かったのか、それとも、スズメの夫妻に略奪されたのか、事情については定かでは有りませんが、人間の世界と重ね合わせながら色々と想像をさせて頂き楽しませて頂きました