新着情報

まほうびんの様な家づくり

イケダホームでは、環境に配慮した家づくりを手がけて、12年になります。

世界中で地球温暖化を問われていますが、断熱材をいっぱい入れて、高気密

高断熱住宅を国が推奨しています。

夏の暑さは断熱材有れば涼しくなるとお考えかと思われますが、夏は断熱材が

無い家の方が夜は早く環境が改善されます。

・・・と言うのは、繊維系の断熱材は熱を蓄えて、夜中に家の中に放射するから、

夜中にエアコンを付けっぱなしか、タイマーにて寝入るまで冷やし続けて、やっと熟睡?

そこでイケダホームでは、遮熱材で外気温を家の中に入るのをシャットアウトして、内部の

温度を程よく保つように内部に断熱材を施した「まほうびんの様な家」づくりを手がけて居ます。

模擬的な体感装置にて、遮熱材の効果をご覧頂く事ができますので、興味の有る方はお問い合わせ下さい。