施工事例

福山I様邸遮熱工事

「あきらめないで下さい」

 

2階が物置化としているのだが、なんとか快適に使えないか?(夏が暑くて使えない)

日本の夏はだんだん暑くなってて、家の2階は最も暑く一日中エアコンを付けっぱなしにしなくては、
生活はもちろん・電気代もかさむし、居れたものではない。
どうにかならない・・・?


これってどこのお家も一緒で当たり前
今時の高気密・高断熱の新築住宅のお家の2階も暑くて、各部屋にエアコンが当たり前のように設置・必要なのは
何故でしょう?
年々暑さが増して来て、2階の部屋は物置化というか、電気代のことを考えたら、使わない方が得みたいに???
そんなお悩みを解消するのが、当社が扱っている高純度のアルミ遮熱材。


今時、断熱材というものは、別名温度遅効材といって、すぐには熱を伝えにくくした材料で、一旦熱を蓄えてしまったら
後はこの断熱材に蓄えられた熱が無くなるまでは、ずーっと部屋内に放射するので、ここが厄介(だからエアコン付けっぱなし)
熱を蓄える力が大きく(材料・材質によって差異有り)いつまでも保温材の役目をしますので、エアコンに頼るしかないのです。

そこで今回のリフォームは、そんなお悩みの解消法として、輻射熱をシャットアウトする事で、地球環境にもお財布にもやさしい
半永久的な経済的リフォームに加え、お部屋を居室として使用できる様に、屋根裏に写真の様に銀色のアルミ純度の高い遮熱材という
シート厚みが8ミリのものをすき間無く張り小屋裏の換気口から屋根裏にこもった熱を自然に流失入させる事で、熱で厄介な輻射熱を
99パーセント近くシャットアウトし、後は対流熱と伝導熱をいかにさえぎるかで、2階の部屋は勿論のこと屋根裏部屋も風が有れば
快適とまではいかないが、生活できない程では無い事で、この度のリフォーム工事となりました。
今迄は、2階部屋を使うという感覚でなかったのが、少しのエアコン・扇風機の力(個人差があります)で、過ごせる様になったのがありがたい。
屋根面から熱が家の中に放射する割合いは 約75% (外壁面ガラス面共約20%・基礎約5%) と言われています。


この工事に、外壁改修と窓硝子改修工事が併用で出来れば、より快適な居室空間に生まれ変わります。
ここで注意して欲しいのですが、どんなに優れた材料でも熱の知識のない人がやればただの銭失いになります。


遮熱知識人・技能講習者にお申し付け下さい。


熱の三要素;輻射熱・伝導熱・対流熱をしっかりと理解した上での施工となりますのでご注意ください。
また、今回使用したアルミの遮熱材はホームセンターでも似たものが安くあります。熱の反射率はアルミの純度に大きく作用されます。
ポテチのスナック菓子の中袋にもアルミの粉体で作った物もあります。
用途に対応したアルミの商材が色々有りますので、よくよくご確認下さい。