施工事例

「まほうびんのような家」リノベ

オール電化に加えて、遮熱材にて家中を包み込む「まほうびんのような家」の省エネ構造に大変身。

ビフォー

アフター

10okaya

いつかは家をリフォームしたいと思っていた時にイケダホームさんの「まほうびんのような家」-夏涼しくて冬暖かい-のチラシが目にとまり軽い気持ちで見学会へ言ってみることにしました。

いつかはと思っていた家づくりが見学会に行くたびに段々と自分達の家をイケダホームさんにお願いしたいという強い気持ちに変わり、この日を迎えることができました。

なんといっても社長さんの人柄が子供達も大好きです。この家づくりで色々な人と出会う事が出来、目に見えないところで人と人がつながっている”ご縁”を感じました。棟梁さんはじめ私達の家づくりに関わって下さった方々、あたたかく見守って下さったご近所の皆様、本当にありがとうございました。

kao

[施工ポイント] 2階の部屋を増築し、家中どこでも(ご高齢のお母様が快適に過ごせる様にバリアフリーから)温度差のない、明るい家をご希望。

[プランニングでのポイント] 築30余年の一昔前の典型的な間取りで二間続きの和室を一部屋に減らし、北入り玄関から水廻りが暗く、寒い空間で昼間には自然光だけで過ごせる様に、開放的でかつ、奥様の家事動線を優先して、キッチンから回廊式にして、パントリーから家事室を新たに設け、お母様の部屋からもリビングからトイレへと移動・動線にも配慮。2階は夏暑くて部屋の機能がなされておらず、子供部屋が欲しいと言うことから、一部屋を増築し、冬暖かいのはもちろんのこと、夏でも快適に過ごせる様に外気温に影響されない構造として、自然の風をしっかり取り入れ、かつ日射の取り入れ方にもひと工夫。収納をしっかり設け、機能性と快適性を充実させた間取りを演出。

[仕様・設備へのこだわり] オール電化住宅は当り前でIHヒーターとエコキュートは既存物を再利用し、以前お風呂に使用されていた暖房ヒーターを洗面・脱衣所へ設置。この度はエアコンに頼らなくて良いようにと遮熱材にて家中を包み込み「まほうびんのような家」の省エネ構造に大変身。蓄熱暖房機8kwをリビングのカウンター下に設け、寒い冬でもこれ一台で快適に過ごせれるように。夏のエアコンが不要の間取り・仕様・構造へと大変身です。