現場レポート(新築工事)

現場進捗状況(鴨方町新築工事)

先日の雨も上がり、とても天気の良い中、新築工事の引き渡しをさせて頂きました

まずは、玄関先でお祝いのテープカットと、記念の大きな鍵のお引き渡し、ならびに記念撮影です

IMG_7891 IMG_7900

IMG_7903 IMG_7907

その後、家の中で、思い出をつづったDVDをご覧頂き、昔を思い出しながら、無事の完成をお祝いしました。

IMG_7911IMG_7151

その後、お施主様との出会いから、今日までを振り返り、感謝の言葉を述べさせて頂き、必要な書類のお話をして無事、引き渡しをさせて頂きました

IMG_7912 IMG_7153

昨年の暑い時期から、寒い時期を超え、時候の良いこの日の引き渡しとなりましたが、とても明るく、使い勝手の良い家が完成しました。

これから、お支払いの現実も有りますが、以前の家に比べ、光熱費を抑えられ、家族皆さんが集える広い空間が有り、家事動線が良いので、奥様の負担が軽減され、いつでも新鮮な空気環境の中で生活できる事で得られる物は数え切れない幸せではないでしょうか!!これよりは、手入れをしながら、末長く、イケダホーム共々お付き合いの程宜しくお願い致します

完成見学会の報告(鴨方町新築工事)

鴨方町にての完成見学会の様子を報告致します

昨日よりも温かい穏やかな一日で、連休中日の、本日もチラシをご覧になった方、ご近所の方等多くの方々に御来場頂きました

IMG_7721

本日一番初めに来場された方は、とても深刻なご相談の方でした

数年前に、大手ハウスメーカーにて、新築をされたとの事でしたが、ここ数年奥様とお子様の体調に異変が生じ、原因、対策を検討されているとの事でした。

急に咳をしだしたお子様の変化から、家について色々調べて見ると、押し入れの中にカビの生えた寝具が見つかったそうです

高気密、高断熱を売りにされているメーカーさんですが、間取り、風通しの関係で、住まい手にしっかりとした知識と注意が無ければ健康に悪影響を及ぼしてしまいます

家の中の空気環境が身体に及ぼす影響について、最近ネット等で勉強されて初めて認識され、現在色々な対策を検討されているとの事でした。

メーカーさんのお家が悪い訳では無く、使い方に問題が有った事、建物の方角が悪かった事、家について勉強不足だった事等あまりに条件が重なり合っての現状なのでと、後悔されてました。

ご相談に対し、家の中の空気環境の大切さと、それに対処すべく方法(湿度の管理、風通しの時期、効能の有る塗り壁、床材の存在等)について説明させて頂きました。

一つとして、同じ条件(敷地、配置、建物性能、窓の配置、生活スタイル等)の家は無いので、家づくりを検討されて居られる方には、しっかりとアドバイスさせて頂きたいと思いました。

そんな中、お施主様のお知り合いの方等多くの方に来場頂き、お施主様のこだわり部分、弊社のこだわり部分等をお話させて頂き、皆様より”大変良くできました!!”のお声をたくさん頂きました

IMG_7691 IMG_7696

IMG_7712 IMG_7717

IMG_7699 IMG_7711

色々と、見学会、展示場で話しを聞かれた方、初めて見学会に参加された方、同居を考えて居られる方等お悩みはそれぞれですが、色々とお話をする中で、こだわる事の大切さと、勉強する事の重要性についてご理解頂き敷居の高い見学会に参加してとても良かったの声を頂き、見学会をさせて頂きましたお施主様に感謝、感謝です

明日、もう一日見学会をさせて頂きますので、宜しくお願い致します

新築、リフォーム、リノベーション、家の事でお悩みの有る方には、参考にして頂ける事満載ですので、御来場お待ちして居ります。

<見学会の案内>

日時:3月20日(月)

開催場所:岡山県浅口市鴨方町深田78-1

連絡先:090-3632-5345(池田まで)

完成見学会の様子(鴨方町新築工事)

昨年より工事をさせて頂いてました、新築工事が完成し、本日より3日間(3/18~19日)お施主様のご好意により完成見学会をさせて頂いて居ます

晴天に恵まれて、とても気持ちの良い見学会初日となりました

IMG_7651

10時からの開始と同時に、ご近所の方々に次々と来場頂き、色々とお話をさせて頂きました。

IMG_7669 IMG_7672 IMG_7642 IMG_7634

杉の床材の香りと、足の裏の感触、また間取りの工夫について”いいね!”をたくさん頂きました

年配の方も、ロフト、書斎と積極的に見学頂き有り難かったのですが、ハシゴとか階段を上られるのには、少々ひやひやしましたね

また、これから新築を考えて居られる方には、展示物をしっかりお読み頂き、家造りの手順について勉強して頂き、説明をさせて頂きました。

IMG_7653 IMG_7663 IMG_7665 IMG_7652

 

現在の家づくりは、情報が色々有り過ぎて何をどうしたら良いか解らないとの声もお聞きしましたので、後2日間、最新情報とか、後悔しない家づくりの手順等、参考にして頂ける内容満載で開催致します。

新築、リフォーム、リノベーション等、家の事でお悩みの方、参考にして頂ける様、来場お待ちして居ります

<完成見学会の案内です>

日時:3月18~20日(3日間)

開催場所:岡山県浅口市鴨方町深田78-1

連絡先:090ー3632ー5345(池田まで)

 

無垢の床材はどうですか!?(新築鴨方I様邸)

現在現場では、一階部分の床貼り工事の最中です。

このお宅では、家族の健康の事を考えられて、弊社のお奨めしている無垢の床材を全室に採用されました

IMG_6492 IMG_6491

無垢の床材を使用する事が健康にどの様に関係するのでしょうか?

無垢の床材にも色々な種類の物が有りますが、ごく一般に使用されているカラーフローリングに比べて良い事は

1,柔らかく

2,湿度の調整を行い

3,冬時期でも足裏を温め

4,香りによる免疫力のUP

5,傷に対して補修が自分でできる

等、好みの問題もありますが、生活する中で、健康力UPにつながります

当然良い事ばかりでは無く、

1,柄が不均一

2,柔らかいので傷がつきやすい

3,材工共に価格UP

4,季節によって収縮する

等が有りますが、健康の事を考えた時に上記のデメリットを良く理解されて問題が無ければお奨めです

IMG_6490 IMG_6566

玄関ドアを開けて室内に入った瞬間、杉の床材(音響熟成木材)の香りをまず感じる事ができます

最近では、嫌な臭いを隠す為に色々な芳香剤が市販され使用されて居ますが、お金が定期的にかかるのと、健康に対するメリットは有りません。

自然な香りを毎日の生活の中に取り入れて、知らず知らずの内に免疫力UPを望まれる方には是非お奨めなので、体感下さいね

(完成見学会を3月には予定してますので、また案内させて頂きます)

 

 

書斎も欲しい!!(鴨方町I様邸)

現場では、書斎部分に必要な,有るとうれしいスペースが出来ました

IMG_6387 IMG_6388

この部分はカラーBOXを縦に使用して、4個分が納まる程のスペースが有ります。

(この部分は一般的には屋根裏・小屋裏と呼ばれる所で、2階部屋の天井の上になります)

間取りの中で男性の方からのご要望が多いのが、ちょっとの空間でいいから、自分だけのスペースが欲しい!!

昔から収集した、本とか、小物、CD等々趣味によっては色々ですが、大好きな物に囲まれた空間は格別だと思います。

しかし、予算とか、間取りの関係上で断念される事が最も多いスペースです。

そんな方には、こんな間取りはいかがでしょうか

IMG_5383

寝室の北側にはウオークインクローゼットがよく有りますが、その一角の高さ関係を一工夫する事で、階段の上には男性の望む書斎、

下部には、みんなが必要な広い収納を配置する事ができます

(ただし、上部の書斎部分は、屋根の直下になるので、熱対策(遮熱工事)が必要です

新築工事では、予算の中で、できるだけお施主様のご要望を叶える工夫ができると思いますので、思いの程をしっかり伝える事は大切ですね。

また別空間で、ロフトが有りますが、この部分も暖かい・暑い空気がよどみがちなのですが、全ての部屋の空気が自由に循環できる様に

こんな物を配置しました。(屋根裏と一体型)

IMG_6440 IMG_6432

IMG_6438 IMG_6435

この切り抜いた部分の中は、屋根裏・小屋裏と呼ばれる空間で、こんなに広いんですよね

IMG_6436

工夫と対策次第で、色々なスペースとして、使用・利用できる、もったいない部分です

 

 

思い出を残したい!(鴨方I様邸新築)

今年も新築工事の現場作業が本格的に始まりました。

2階部分の造作工事が終盤ですが、現在寝室に思い出の物を取り付けて居ます。

今回のお宅は建て替え工事なので、既存の生活の中での思い出もいっぱい!!

新たな生活空間の中に昔を感じる物が有る事は、ふとした時に心が和む事だと思います

IMG_5384

使用する場所ですが、寝室と書斎の空間の境になる部分で、風通しと採光、人の気配等を考慮して配置して居ます。

IMG_5383

寝室の中に階段を設けて、一段上がった空間が書斎で、その下部の空間が物入れ「忠臣蔵」になっています。

IMG_6383 IMG_6385

昔の住宅の目隠しルーバーによく使用されていた柄ですが、解体と共に処分されるには、もったいない物です

お施主様からのご要望で、こちらに提案・再生しました。

IMG_6384

この部分ができると、つつ”いて屋根裏の空間を一工夫して、書斎に有ると大変便利なスペースの造作となります。

IMG_5361

現場進捗情報を逐次、報告させて頂きます

仕事納め

月日の経つのは早いもので、今年もこの日を迎える事となりました。

現場の作業も本日までで、大工さんが、来年の段取りを考えながらの清掃。

整理、整頓された現場はとてもすがすがしい空間で、また新年からの作業に備えます。

玄関先に、飾りを設置していると、近所のお母さんから、「ええ、準備ができたね~」と声を掛けて頂き

「ありがとうございます、よい年をお迎え下さい!!」と挨拶させて頂き、残りわずかな日々ではありますが

また新年に向けて気持ちの準備をする事ができました

外部工事がほぼ終わり、新年には、色々なスペースの造作工事へ進んで行きます。

現場に携わって頂いた色々な業種の職人さん、お世話になりました

完成に向けてまた来年も宜しくお願い致します

IMG_6317 IMG_6320 IMG_6322 IMG_6323 IMG_6329 IMG_6330 IMG_6331

外壁塗り壁(鴨方新築工事)

今年も、12月に入り、何かと忙しい時期ですが、現場の方は、外部工事が終盤となりました。

弊社がお奨めしている外壁仕上げ材(シラスそとん壁)が完成しました

シラスそとん壁とは、九州地方で、太古の時代に火山噴火により堆積した火山灰(シラス台地)を

建築材料として開発された物で、左官さんによる塗り壁工事となります

まずは、耐震構造3等級を確保する為に外壁全体にダイライト(構造用合板)を、大工さんが施工して

IMG_5488

その上に、外部からの熱の影響を遮断する為の遮熱シートを貼り

20161028-170947-1603211

その上に塗り壁の下地板材をこれでもかと言うぐらいに、通気層を確保してこまめに大工さんが張りめぐらして

IMG_5628

その上に木材を保護する為のモルタル用防水・通気シートを貼り

IMG_5643

その上に左官材を定着させる為のウエブラス網を貼り、ようやく塗り壁の下地準備の完了です

IMG_5764

この後、シラスそとん壁の特徴で有る、防水下地材(10mm)を塗り、

IMG_5867 IMG_4647

下地材の乾き具合を見計らって、最終の化粧上塗り材(8mm)を塗りようやく完成です

IMG_5956 IMG_6133

完成してしまえば、単なる塗り壁ですが、その下の見えない部分に、暑さ寒さ防水に耐えうる色々な仕組みが施されて居ます

弊社が、シラスそとん壁を外壁材料とお奨めしている理由は、

1,防水層が仕上げ材の下に隠れている為、紫外線の影響を直接受けないので、半永久的に水漏れ等の心配が無い事

2,仕上げ材の厚みが8mmあるので、色落ちの心配が無く、塗装工事の様な塗り替えが不要なのでメンテナンスフリーな事

3,塗り壁なので、自然の風合いが有り、塗り方の施工方法によりアクセントを付ける事が好みで出来る事等が有ります。

外部の塗り壁工事には時間と手間がかかりますが、工程毎の作業と、変化して行く様はとても楽しみが有りますよ

詳しくは、高千穂シラス株式会社のホームページhttp://www.takachiho-shirasu.co.jp/products/soton/を参照下さい。

年内には、外部足場を解体して、晴々した様で、お正月を迎えられる様順次工事を進め居ます(理)