現場レポート(リフォーム工事)

ほっと一息

リフォームには付き物の、解体材の処分・処分材が出るは、でるは、

間取りの変更で、柱や壁を取り壊して、今迄はお家を支えていた材料が、

ある日突然邪魔に・・・・

不要のものは切断・解体撤去を余儀なくされます。

この大きな梁も今迄は、屋根をしっかり支えていたものが、天井の

高さが取れなくて(ユニットバスに当たる)、撤去をせざるを得なくなりました。

 

撤去するといっても簡単ではありませんし、大きくてしっかりした地松材で処分するのは、

もったいないので、なんとか利用出来ないかと短く切断しないで、最大限生かせれる様にカット。

施工中もあっちにやり、こっちにうつし、邪魔にもなり、処分する羽目になってましたが、

まだまだと・・・・・

最後の最後まで、ごろごろと・・・

やっと使い道・嫁入り先がが決まり,ご覧の通り、玄関先でみなさんをまた支える役目として

鎮座することとなりました。

処分寸前・ゴミだったものが何とか生かされました。

日当たりの良いところで、今迄は屋根を支えていたものが、今度はご近所な皆様を

玄関先で、しっかり支えてくれることでしょう。

使い道が無くなるとゴミだが、工夫次第ではまだまだ役目がいっぱいあります。

もったいないを一工夫。 

 

 

 

 

もったいない?

リフォーム中のお家の中では、思い切ってこの際に処分しなければ片づかない?

いろいろ親戚・ご近所さんにも入りませんか?と問い合わせてみたが思い切って処分をしたいと。

先代から受け継いできた立派な物・大きい物はなかなか使い勝手も無くもったいないが、

処分(不要な物はゴミ扱いです

もったいない・・・・・と・・・・?

そこで何とか捨てずに使えないかと、一捻り・・・・?。

座卓テーブル裏側はこんな感じで・・・・・・?

どうでしょう・・・・?

蝶々が柱に止まってる様に見えませんか・・・・?

高さを上げたり下げたり、裏返したり、離れて見ては、くるくると回してみては。

いよいよ、実物を重たい物、座卓テーブルを玄関先にアクセントとして取り付けました。

異様な物が姿・裏側が現れてきましたヨ。

ダイニング側から見るとこんな感じです。

明かり摂りと兼ねて、風通しも良くしたいので、それでいたダイニングを覗き込めないようにと。

いよいよ完成です。

処分される物が何とか捨てられずに、また場所を取らずにこのお家で過ごすことが

出来そうです。

次回は、大きな梁を処分?・・・がなんとか生き延びましたを報告します。

 

 

大規模リノベーション工事進捗(府中市)

今年の梅雨は、雨降りが続きましたね

昔の梅雨とは違って、しとしとと降る長雨(女雨)とは違い、ドカドカと降るって感じ(男雨)ですが、何十年に一度と言う言葉を良く聞く事が多くなり、この近辺でもどんな災害が起こるか解りませんね。

雨もたくさん降りましたが、いよいよ梅雨が明け、暑い暑い夏の到来です

現場では、内部の造作が進んでいて、先日補強とデザインを兼ねた化粧梁が見事に取り付きました

中央に柱を含んだ壁が有ったのですが、廊下部分になる為、壁、柱を撤去し、その上部に他の場所から撤去した梁を、取り付けました。

<Befor>

<造作中>

<After>

写真では解りずらいのですが、昔からそこに取り付いていた物と言っても良い程、なんとも自然な状態で納められて居ます。(さすが、棟梁の細工の見せどころです

キッチン上部の屋根工事も終わり、仮屋根を解体したのですっきりしたのと、採光の為に取り付けた三箇所の天窓のおかげで、キッチン部分がとても明るくなりました。

暑い夏が予想される中、工事はまだまだ続きます。

 

 

 

大規模リノベーション工事進捗(府中市)

今年は、梅雨に入ってからの雨降りがほとんど無く、工事は外部作業を優先して行って居ます。

 

仮屋根を施した下部のキッチンになる部分の天井高さを確保する為に、屋根をフラットに作り替え、自然な明かりを取り入れる為に3箇所天窓を取り付け防水工事を施しました。

その他の部分の屋根については、瓦が老朽化しているのと、割れた物も有るので、この機会に新しい物に葺き替えました。(屋根部分の工事は、家の中でも重要な部分なので、長い目で考えると同時期に改修する事が得策だと思います)

洗面所に隣接する外部物干しスペースを造作するに辺り、まずは屋根を支えていた鉄骨梁を撤去しました。(仮の柱にて補強をした後、人力にて撤去しましたが、重かったですよ

 

その後、壁、床を施す事で、快適な仮の打ち合わせスペースができましたこれから先、目隠しと虫対策を施したルーバー、浄化槽点検を兼ねた入り口ドア等の造作工事に進んで行きます。

 

2階の造作工事は終了し、昔の畳を再利用した、新しい畳が搬入され、い草の心地良い臭いがして居ます

暑い日が続いていますが、2階はとても涼しい空間が出来上がりました。(一階で生活されておられる、お母様に引っ越しをして頂き、一階部分の解体、造作工事も進めて行きますので、宜しくお願い致します)

 

大規模リノベーション工事進捗(府中市)

6月に入り、まもなく梅雨入りを迎える季節となりましたが、それにしても暑いですね

この時期で、この暑さ、天気の良い日が続くのは有り難いのですが、この調子で、真夏を迎えるのは、なんだか恐ろしい気がします

それでも、日の暮れるのが遅い(夕方7時頃でも)ので、なんだか色々な事ができそうで、得した気がします

現場の方は、天気の様子を気にしながら、屋根の解体、造作工事が進んで居ます。

新しくキッチンになる部分は、旧母屋と離れが合体した部分なので、天井高さが確保出来ないので一部を解体です

またユニットバスを設置する部分に有る桁材は補強を加えた後、カットしました。(カットした破材と言っても100Kg程の重量になります)

梅雨の季節で、雨降りの日が続く事も想定して、上部には仮屋根を設置して有るので、作業を中断する事は無いので新しい屋根工事が順調に進んで居ます。

2階に上がる階段も、無事設置され、昇降がスムーズに出来る様になりました。

一応階段は設置されましたが、収納、スリット等、まだまだ色々な造作工事がこれから進んで行きますので、また報告させて頂きます

<おまけ>

ツバメが巣づくりをする季節になりましたが、人間以外でも、リユースをしている姿を見る事ができました!?

離れの軒下には巨大で既に、空き家となっていたこんな物が有ります。

スズメ蜂の巣なのですが、普通で有れば、何かに使用される事は有りませんが、これに目を付けた新しい住人が居ました

最初に目を付け出入りをしていたのは、ツバメの夫妻。

しかしいつしか現在の住人はスズメの夫妻に変わってしまいました。

働き者のツバメにとっては、居心地が悪かったのか、それとも、スズメの夫妻に略奪されたのか、事情については定かでは有りませんが、人間の世界と重ね合わせながら色々と想像をさせて頂き楽しませて頂きました

大規模リノベーション工事進捗(府中市)

現場の近くでは、田植え作業が行われる季節となり、気持ちの良い時候となりました。

朝晩は少し肌寒い日も有りますが、日中、太陽の下では暑く、まもなく来る夏を感じさせます。

現場の方では、2階部分の工事が順調に進み、内装工事に向けて造作工事が進んで居ます。

IMG_0326 IMG_0327

IMG_0328 IMG_0329

屋根裏に遮熱工事を施しているおかげで、日中外部ではとても暑いのですが、締め切った2階に上がると、ひんやりとして、涼しい空間が出来ました

間取り、内装工事も重要ですが、住み心地の部分は、天井、壁内部の仕組みが大きく関係しますので、長らく快適に生活する上では、とても重要な工事になります。

一階では、既存部分と新規部分が合体する部分の工事が進んで居ます。

IMG_0306 IMG_0334

この部分から見える中庭の緑の景色がとても綺麗です。これから、五月等の花が咲く事で、季節をより感じる事ができますね

IMG_0337 IMG_0338 IMG_0339

IMG_8070

 

リノベーション工事の良い所は、長年かけて築いてきた素敵な景観、思い出を残した上で、不便を感じていた部分を快適な空間に変えて行ける事だと思います。

この様な空間は、代々先人の方からの思いを受け継いで来られた物で有り、お金に換算する事のできないとても大切な財産の一部だと思います。

これより、この部分から、2階に向けての階段の設置工事に進んで行きます。

IMG_0340

大規模リノベーション進捗状況(府中市)

ゴールデンウィーク連休が明けて、現場の方は、下地の床合板の施工がされて、雰囲気が変わりました。

基礎の上に土台、大引きをセットした後、床下の断熱材を設置して、床下地の合板(28mm)を施工する事により水平方向の剛性力が確保されました。

IMG_7881 IMG_0307 IMG_7891

床下、床上共に既存の住宅の面影がだんだん無くなって行きますが、地震等に対する安心感は、全く別物ですね

北側との間仕切りを解体して、既存の空間との繋がり部分の造作が始まりました。

この部分の造作を終える事により、ようやく、2階への階段設置へと進んで行きます。

IMG_0309 IMG_0306

どんどんと、空間が広がって行きますが、完成の姿を見据えて、工事は順調に進んで居ます。

平行して、2階の造作工事も進んでいて、階段が掛かれば、内装工事へ進める様、準備されて居ますので、また報告させて頂きます

大規模リノベーション工事進捗状況(府中市)

このところ、一日の中での気温差が激しくて、体調管理が大変ですが、日中の日陰がとても気持ち良いですね

ゴールデンウィーク連休を迎えると毎年思う事は、”辛い花粉症さようなら”やっと普通の生活に戻る事ができそうです

現場の方は、昨日までで、本日より連休とさせて頂いて居ます。

一階部分の基礎工事を終えた事で、これより本格的造作工事が進んで行きます。

IMG_7619 IMG_7616

防蟻処理を全面に施した、土台、大引きをセットすると、新築同様の風景が見えて来ます。

IMG_0259 IMG_0258 IMG_0281 IMG_0282

図面上だけでは解り難かった、実際の間取り、空間の広さ等を踏まえ、現場にてお施主様との打ち合わせです。

IMG_0277 IMG_0279

連休明けより、屋根部分の工事、駐車スペースの補強等、色々な部分で重要な工事が進んで行きますので、また順次報告させて頂きます

大規模リノベーション現場進捗状況(府中市)

現場では、一階部分の基礎工事が進んで居ます。

既存の床を壊した部分と、新たに建て増しする部分の床下の部分です。

IMG_7248 IMG_7255

土間からの湿気を遮断する為に、ビニールシートを全面に敷いて、その上に基礎立ち上がりと、土間の配筋です。

IMG_7313 IMG_7328

準備が整ったところで、土間のコンクリートの打設です。

IMG_7342 IMG_7341

IMG_7340IMG_7341

昔の家は基礎が無く、長石の上に柱が立った状態でしたが、土間と一体化になった基礎の上にこれから、新たな空間が広がって行きます

大規模リノベーション工事現場進捗(府中市)

間取りを変更する為に屋根の一部を解体する必要が有るので、その部分の上部に、仮の屋根を施工しました。

母屋と隣接した建物の間に現在谷板金を施した屋根が有りますが、天井高さを確保する為には、この部分を解体する必要が有るので

解体から、新しい屋根が完成する間、雨をしのぐ為高い部分に、臨時の屋根工事となりました。

双方の大屋根に下地を造り

IMG_7867 IMG_7865

 

その間に住宅で使用する、柱と同寸(105角)のつなぎ材を渡し、直交方向に屋根板の下地材を施しました。(臨時の屋根なので簡単で良いのですが、上部に上がって屋根材を施工する必要が有るのと、風等で吹き飛ばされない様に重量をかける必要が有りました)

IMG_7126 IMG_7081

 

上部に上がって、波板材をしっかり取り付けて完成です

IMG_7879IMG_7872

これより先に時期を見て、下部の屋根解体を施す事になります。