イケダホームの施工ブログ

ほっと一息

リフォームには付き物の、解体材の処分・処分材が出るは、でるは、

間取りの変更で、柱や壁を取り壊して、今迄はお家を支えていた材料が、

ある日突然邪魔に・・・・

不要のものは切断・解体撤去を余儀なくされます。

この大きな梁も今迄は、屋根をしっかり支えていたものが、天井の

高さが取れなくて(ユニットバスに当たる)、撤去をせざるを得なくなりました。

 

撤去するといっても簡単ではありませんし、大きくてしっかりした地松材で処分するのは、

もったいないので、なんとか利用出来ないかと短く切断しないで、最大限生かせれる様にカット。

施工中もあっちにやり、こっちにうつし、邪魔にもなり、処分する羽目になってましたが、

まだまだと・・・・・

最後の最後まで、ごろごろと・・・

やっと使い道・嫁入り先がが決まり,ご覧の通り、玄関先でみなさんをまた支える役目として

鎮座することとなりました。

処分寸前・ゴミだったものが何とか生かされました。

日当たりの良いところで、今迄は屋根を支えていたものが、今度はご近所な皆様を

玄関先で、しっかり支えてくれることでしょう。

使い道が無くなるとゴミだが、工夫次第ではまだまだ役目がいっぱいあります。

もったいないを一工夫。