イケダホームの施工ブログ

白蟻被害

本日は、白蟻被害について書いてみます。

今回の改修工事は、ガレージ横の物置を多目的スペースに改修する工事で、

物置の床が落ちていて、ぺこペコと踏んづけると床板材が・・・・

ここをまづは、直して壁・天井を真新しく・明るくやり換える工事です。

ぺこぺこ・ふわふわ床を剥がしてみると、白蟻にやられていました。

つづいて、取り合いの壁もふわふわとしているので、手を掛けると簡単にもげます・・・

これは?・・・・と解体してみると凄いことになって居ます・・・・IMG_5771IMG_5763IMG_5777

 

真っ黒いのは湿気と白蟻の浸食・餌食・カビによる汚れ(断熱材が白蟻には最高の居場所に)

IMG_5790

上の写真では、土台はアピトンという外材で堅く白蟻の被害は一切ありませんが、柱や床下大引き材は、杉・檜・松材で

白蟻の餌食となって居ます。(全面防蟻材を塗り・白蟻駆除と対策を講じました)

白蟻も好き嫌いがあります。(堅い物は嫌です)

なぜ?・・・・こんな事に?・・・と内壁の外側に廻ってみると物置の軒が短く壁面に雨が降りかかる状態。

IMG_5781

また、土が壁面と波板にて絶縁をされているようですが、この壁と波板の間に雨水が入り込む・流れ込む状態。

また、壁の塗装がされて無くて、雨水がかかればモルタルが吸い込み、内側の柱・ラス板を濡らして、白蟻の

餌食に。

壁が濡れるのもそうだが、一番の問題は倉庫の土間より外部の土が約1メートル上がってて常に壁が

ジメジメ・ベトベトと白蟻にしては、温かくて無風で最高の居場所に

長らくには床下から壁ではなく、壁と床との取り合いから双方をむしばんで行ったと思われます。

 

外壁面を塗装でなく波板にて雨を防ぎ・雨水を側溝に流すように応急処置はしましたが、今回の処置では

又長らくには、同じ様なことが起こりうるかも?

土を取り除いて壁との間に風が通るほどのすき間・空きを設けられれば、最高なのですが、そこは無理なので

防蟻材をしっかり内外壁木部に塗布して、雨水が壁の方に寄りにくくする対策をこうじました。

恐ろしいですね・・・・

このような、お家や物置はいっぱい何処にでも有ると思われます。

家の大敵は白蟻なのですが、一番の大敵は湿気です。

土間からの湿気や風通しをしっかりする事で、白蟻は寄りつきません。

 

どこのお家でも、土の中には白蟻は居ます。

白蟻の予防は、湿気が無い事・風通しがよいこと・・・で大きな予防になります。

軒下に物を濡れないように壁に引っ付けてブルーシートで覆ったままの状態だと、白蟻の餌食となります。

必ず、壁から2~3センチ以上は離して風通しを良くする事をお勧め致します。

IMG_6935

今一度皆様のお家の周りも壁に物を寄せ付けていないかを確認されてはいかがでしょうか?