イケダホームの施工ブログ

長期優良化住宅改修工事

早いもので、今年も5月があとわずかで、終わろうとしています。 私の住む、駅家町服部地域では、例年の様にホタルが、ちらほらと舞いはじめました

ホタルの餌となるカワニナが綺麗な川にしか生息しないので、ホタルが舞う地域は自然たっぷりの綺麗な環境と言う事になります。

これから約一ケ月がホタルの本格的なシーズンで、多くの方がホタルの乱舞を見学に来られますが、黒い服装で、道路脇を歩行されて居ると、”ドキッ”とする事が有りますので、反射板等を付けられて、事故の無い様にお願い致しますconfident

これから、毎週末土曜日には、服部川沿いにて、各地域による夜店も出店されますので、ご利用下さいhappy01 現在、駅家町にて、リノベーション工事をさせて頂いて居ます。

79-1 79-2

1,2階共に、解体を行い、間取りを大きく変えて、現在のご家族に合った生活空間にする為の工事中ですhappy01

79-3 79-4

79-5 79-6

間取りが大きく変わるので、不要な部分、物は解体、撤去し、また新たに、基礎工事を行い、現在、土の見えて居る部分は、床下のふところを確保する為に掘り下げて、湿気対策の為、防湿コンクリートを打設します。(土の上に有る昔からのガス配管、水道配管は錆びて朽ちている為、全て撤去しました)

よほどの事が無いと、床下の現状を確認する事は有りませんが、長い年月の中で、確実に老朽化が進んで居ます。(特に床下の湿気は、建物の一番最下部に有る木材(土台)を白蟻等にて、破壊してしまうので、十分な換気が必要です)

ところで、外部垂れ幕に書いて有る、”長期優良化住宅”ってなんでしょうか?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

現在、新築住宅は、耐震、省エネ、性能向上など、国の基準に沿って建てられて居るので、ある程度管理されては居ますが、中古住宅においては、独自の考えで建てられた物が多い為、現在の基準からは、かなりかけはなれた住宅が多く存在して居ます。

昔は、環境の事など、考えられて居なかったので、”建てては壊す”が当たり前でしたが、現在では、”建てて維持管理を行いストックする”の様に変わって来ました。

国は、この考え方を推進する為に、新築、リフォーム工事において、一定の条件を満たす事により、一部補助金を支給して居ます。

今回の工事は、上記の考え方に沿って、次世代に繋げる為の工事なので、手続き等も色々大変では有りますが、補助金をもらう事が出来ます。

新築、リフォーム工事において、色々な補助金、減税対策が有りますので、確認されて見てはどうでしょうか?詳しくは、http://www.kenken.go.jp/chouki_r/offer.html

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930