イケダホームの施工ブログ

床下は大丈夫でしょうか?

先日、和室の畳がぐさぐさするので、確認して欲しいとの依頼が有り社長が確認したところ、大変な事になっていました!?

57-1 57-2

写真は、畳の下の基礎の中ですが、大引きを支える束(木製)が10cmくらい宙に浮いてる状態で、床を支えられて居ませんでした!!

原因は、基礎内部の土場がしっかり締まって無かったのか、全体的に下がって居ました。(現状は下がった状態で、わりと固く締まっていました)

また、8畳間の床を支える為に、現在の新築工事では、9カ所で支えていますが、現状は3カ所だけでした。

よくTVにて、この束と束石の隙間にくさびを入れて調整されて居ますが、土の上では、束石も下がるし、束材が木製で有れば、乾燥すると、どうしても隙間が生じてしまいます。

今回は、支える箇所を新築同様の9カ所に増やし、束の材料を、木製から、鋼製(長さの調整が出来る物)の物に替えました。

57-3

当家の方の要望にて、家に有る物を使用して欲しいとの事でしたので、束石の下に採石を敷き、ハンマーにて締め固め、その上になるべく平たい自然石を配置し、周りを土にて囲い、ハンマーにて締め固めました。(狭い空間での作業なのと、昨日は暑かったですねsweat01

57-4 57-5

私が束石をセットし、大工さんが鋼製束を配置、全体の高さ調整を行い無事終了しましたhappy01

57-6

当然の事ですが、以前の状態と比べると、がっちりとした床になったので、当家の方には喜んで頂けましたconfident

古い住宅ですと、ほとんどの基礎下は、土場の上に色々な施工をされてますので、床がふわふわしてる感じがしたら、一度確認されて見てはどうでしょうか(理)

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930