イケダホームの施工ブログ

大規模リノベーション6(リビング編)

解体工事終了後、まずは、床の工事を行います。

解体後の床下は、通常、土の状態なのですが、30年前ではあまり見かける事の無い、コンクリート打ちをして有った事もあり、床下の状態は良く、大引きと呼ばれる材料をそのまま使用する事ができましたhappy01

14-1

冬場にとても寒いとの事でしたので、床下からの冷気を上部に伝えない為に、まずは、遮熱材の施工です。(アルミ材(銀色の物)を敷き詰める事により、気密性も確保します)

14-2 14-3

マス目に組んだ間に、ウレタンフォーム(50mm)と呼ばれる、断熱材を床全体に敷き詰めます(部屋内部の熱を保温してくれます)

14-4

その上に床の水平方向の構造材となる、構造用合板(28mm)を敷き詰めて床の化粧材を貼る準備完了!!

14-5

壁の中には、筋交い(斜めに配置して有る材料)と呼ばれる、柱、桁等の構造材の変形を防止する為の物が昔から設置されてましたが、隙間が有ったり、釘等のゆるみも見受けられたので、現在の新築で使用されている金物を使用して補強を行いました。

14-6

改装工事の時は特に、後からではできない部分の調査、工事が重要になりますので、施工者の方と相談しながら費用対効果も検討した上での工事が必要ですねhouse

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031