イケダホームの施工ブログ

大規模リノベーション3(トイレ編)

今回は、なるべく既存の物を利用して、一部分の改修を行ったトイレの記事です。

30年程前のトイレに良く施工されていたのが、タイル貼りです

5-1 5-2

男女それぞれのトイレが同じ様な仕様で造られていて、とても綺麗に使用されていたので、右の写真の着座トイレのみの改修としました。

まずは、取り付いている便器とか、手洗いの器具を取り外し、床の解体工事です。

5-3

 

床を解体後、給排水工事を行い

手洗いを外した部分を平滑に補修し

5-4

床下の熱源を遮熱材にて遮断し

洗面所と同じくスタイロフォームと言う

断熱材を入れ

5-5

下地の床材を施工して、下準備完了です

5-6

床にクッションフロアー(水廻りには手入れの簡単な床材ですね)

タイル部分に化粧パネル(タカラ製ホーローパネル)を貼り、便器、手洗いを取り付ければ、全ての行程完了です

5-7 5-8

<ビフォー>               <アフター>

このトイレは、北側面に接していて、冬がとても寒いとの事なので、外窓の内側に内窓を付加(インプラスを施工)しました。

(窓からの冷気が伝わり冬のトイレは寒いですよねconfident

腰から下部分だけを改装したのですが、以前と比べて、すっきり、お手入れ簡単になりましたhappy01(全行程約3日の工事でした)