イケダホームの施工ブログ

大規模リノベーション4(リビング編)

今回のリノベーション工事は、以前のリノベーション工事同様、築30年程の日本建築によく有る、玄関右側に配置された、

日当たりの良い応接間の奥に有る、閉鎖されたダイニング、キッチンの二間を、解放的な一間にする工事です。

7-1 7-2

 

まずは、解体工事ですが、キッチン等は、30年使用されてきたとは思えない程、とても綺麗で、新品に近い状態でしたので、必要な物は、外部の洗い場として、

転用する事になりました。(キッチンの解体に伴い、当面は、仮の炊事場が必要となります)

7-3

電気、水道、ガス等の処置を施し、必要な物は大切に保管し、他の部屋等にホコリが回らない様に養生をして、いよいよ、本格的に解体工事ですup

7-4 7-5

昔の日本建築には断熱材と強度の為に壁の中に土壁を使用されてましたが、まほうびん効果を出す為に、遮熱材を施工するので、

外壁側の土壁は、全て撤去しました。

7-6 7-7

30年前のお宅ではあまり見る事が無いのですが、当時、地盤の事も有り土間にはコンクリートが施工されていたので、床下の状態は良く、

白蟻等の被害は見あたりませんでした。(この当時にこの施行は本当にめずらしいと思います)

7-8

床下の湿気は、家の大敵なので、改装工事をされる時には、考慮すべきですね!

この状態から、随時造作工事を進めて行きますhappy01(次回に続く)